【高島屋】の怪しい偽通販サイトを徹底解説!

 

詐欺サイトかもしれない…
と思って検索した人
『高島屋』という通販サイトの偽サイトの見分け方ってあるのかな?SNSに髙島屋のロゴが書いてある胡散臭そうなショップを見つけたんだ。海外ブランド品がこんなに安く手に入るなんて美味しい話、ウソだよね?

 

こんなお悩みをすべて解決します。

 

 

 

 

  • 本記事の内容
・『高島屋』と名乗る怪しい通販サイトの情報
・『高島屋』の偽物通販サイトを専門家が解説
・『高島屋』偽サイトが安全ではない理由を説明
・詐欺サイトに個人情報を入力してしまったあなたへ

 

  • 本記事の監修

EEAT

 

 

 

 

この記事では通販詐欺サイトを4年以上分析した経験のある筆者が、詐欺サイトの可能性が高い危険なサイトを調査し、あなたの不安を解決するお手伝いをさせていただきます。

 

 

「どうしても欲しいものがあって、安全に買い物できるサイトなのか知りたい。」

「詐欺サイトだったらどうすればいいのかわからない…」

 

 

知識がなくてもわかりやすい内容で解説していますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

 

『高島屋』と名乗る通販詐欺サイトはあります

高島屋

 

ネットショップ名
(実在するショップ名を悪用している場合あり)

高島屋

Takashimaya

高島屋オンラインストア

 

報告がよせられた危険なURL
(アクセス防止のため頭文字 h 抜いています)

ttps://yoyogoshop.shop/

ttps://jpshopps.store/

ttps://fpojsw.shop/

ttps://uggstore.online/

ttps://pzalmsq.shop/

※上記は報告された一部にしか過ぎません。

※他にもありましたら記事の最後にある"コメント"欄に情報提供をお願いします。

 

 

本物の『高島屋』の通販

 

会社情報

(盗用されている可能性大)

 

『高島屋』という偽物通販サイトを徹底解説!

サイトのURLで見分けられる

高島屋オンラインストア

 

あなたの訪れたサイトのURL(末尾のスペル)が以下の文字列だった場合、詐欺サイトの可能性が高いです。

(例:当サイトなら https://sagi-log.com/ というURLの"com"の部分です)

 

・asia
・bar
・best

・biz
・buzz
・cc
・cfd
・club
・cyou
・fit
・icu
info
・ink
・life
・live
・mom
・one
online
・org
shop
・site
・space
store
・today
・top
・vip
・work
・xyz など

※今回報告されているサイトと同じURL末尾は赤字にしてあります。

 

 

上記の文字はドメインと言って、サイトを作るうえで業者から買わないといけない素材です。

 

ただ詐欺サイトは大量に作っているので、詐欺をする人たちはたくさんドメインを用意しなければならないんですよね。

 

 

実は…上記にあるドメイン、すべて安く買えるんです(格安ドメイン)

 

 

要は、コスパがいい。

 

詐欺サイト側はある程度お金や個人情報を盗ったらサイトを閉鎖して雲隠れします。

 

そのため、運営費は安く済ませられるに越したことはない…。

 

上記ドメイン=詐欺サイトと決めつけられませんが、通販サイトは個人情報を扱ったり信用性が問われるサイトになるので、通販サイトで格安ドメインを使っていると怪しく見えてしまいます…。

 

 

■追記

サイトURLの左側に鍵マーク(🔓こんなやつです)があると思います。

 

これはSSL通信(暗号化)といって、「このサイトの通信状態は安全で保護されていますよ~」とあなたに教えてくれるシステムなのですが…

 

最近の詐欺サイトはこのSSL通信化も普通にクリアしてきているので注意が必要です。

 

こちらの暗号化も基本お金を払って安全という証明を買うのですが、先ほどのドメインの話と同じく、格安でSSL通信化を買えてしまうサービスがあります。

 

なので「🔓マークが付いてるからこのサイトは安全!」というのはもう時代遅れです…。

 

今ではインスタやYouTube等のネット広告にも詐欺サイトが現れているので、信用できるのは自分の目かセキュリティAIしかありません。おそろしい。

 

 

一番損をしない方法はやっぱり大手ショッピングサイトで欲しいものを安全に買うことですね。

 

 

『高島屋』偽通販サイトは大丈夫じゃない理由

 

高島屋を騙る偽の通販サイトが出回っていることは、オンライン上で商品を購入する際に個人情報を盗まれる危険性があるため、深刻な問題となっています。

 

3つの特徴について詳しく説明します。

 

まず、偽サイトのURLが「.com」で終わることが多いという点です。

 

高島屋の正式なオンラインストアは「takashimaya.co.jp」であり、ドメイン名の最後の「.co.jp」は日本国内のサーバーでホストされていることを示しています。

 

しかし、偽の高島屋サイトは海外のサーバーを利用しており、ドメイン名の最後に「.com」が付与されています。

 

このような点に注意することで、偽サイトと本物のサイトを見ることができます。

 

次に、偽サイトではお得なキャンペーンや割引が強調される点があります。

 

高島屋の正式なオンラインストアは、キャンペーンやセールの情報を掲載していますが、それらは細かいものであり、非現実的な値引きや割引率は表示されません。

 

一方、偽サイトでは非現実的な安さを強調することで、利用者を誘引しています。

 

そのため、特に大幅な値引きが掲載されている場合には、偽サイトである可能性があるため注意が必要です。

 

最後に、偽サイトでは商品購入時にクレジットカードの入力を求められる場合があります。

 

一方、高島屋の正式なオンラインストアでは、登録会員時でもクレジットカードの入力は必要ありません。

 

対してクレジットカード情報入力を強制することで、個人情報を盗み取ろうとしている可能性があります。

 

そのため、クレジットカード番号や個人情報入力を求められた場合には、偽サイトである可能性が高いため注意が必要です。

 

以上の特徴に注意し、正式な高島屋のオンラインストアを利用することで、安心して商品を購入することができます。

 

 

安全な環境でネットショッピングを楽しむ方法

 

詐欺サイトは日々大量に生産されています。

 

これは外国人が(平和な国で)だまされやすい日本人をターゲットにしているからです。

 

海外では日本の法律が適用できないため、警察も介入できずお金が戻ってくるのは厳しいです。

 

 

では、今後どうすればいいか?

 

 

 

 

ざっくり言うと、自分で身を守るしかありません。

 

詐欺サイトは年々見分けるのが難しいほど巧妙に進化して作られていますし、今回だまされた人は安さに釣られてまただまされるものです…。

 

だまされるとお金、時間、個人情報漏洩、ストレス…など、めんどうなことが立て続けに起きるのでイライラしちゃいますよね。

 

こういったあなたの悩みをすべて解決してくれるのが下にあるセキュリティAI(機械)です。

 

危険なサイトに近づくと警告してもらえるので、いちいち焦ることもありません。

 

むしろ、これしか安心して防ぐ方法はないです。

 

詐欺にあって色々失うよりは実はコスパがいいんですよね(圧倒的に気付いてない人の方が多いんですが…)

 

詐欺サイトに個人情報を入力してしまったあなたへ。「どうすればいいのかわからない…」とひとりで悩まず相談しよう。

 

読者の皆さまからお悩みの声を多くいただいています。

 

・調べていなかったら買うところでした。
 教えていただきありがとうございます!
・だまされました。悔しいです……。
・本当に詐欺なんですね…。
 不安です。どうしたらいいですか?
・泣き寝入りしない方法はありますか?

 

Yちゃん
たくさんのご連絡
ありがとうございます。

 

どうにか購入する前に当サイトが見つかれば、詐欺被害を防げるお手伝いができるのですが……現実はなかなかうまくいきません。申し訳ないです。

 

そのため少しでもみなさまのお役に立てるよう

有識者による通販詐欺サイト診断LINEで行っています。

詐欺かわからないモヤモヤの不安解消、相談窓口への案内もありますので、ぜひお気軽にご利用ください。

通販詐欺サイト診断

 

Xでフォローしよう

あわせて読みたい